国内キャンプ

【サッカートレーニング】

サッカーの攻撃、守備における原理と原則についてピッチ上でトレーニングを通して学びます。
また原理原則を理解した上で、プレーの優先順位を考えて自分が持っている引き出しを開けられるように(プレーできるように)チャレンジし、
同時に成功体験を掴むことで引き出しの数を増やします。

【コミュニケーショントレーニング】

トレーニング開始時と終了時にスピーチタイムを設け、人前で自分の考えを自分の言葉で伝える訓練の場を提供します。
また他者のプレーを見る、意見を聞くことが問われるアプローチを行い、集中が切れることなく時間を過ごします。

【健全なストレスを与える】

ピッチ内外においてメンタル面、フィジカル面、テクニック面でそれぞれに必要なストレス(負荷)をかけること=今の自分自身を超える必要がある状況を作ります。昨日の自分より、トレーニングが始まる前の自分より強くなってトレーニングを終わらせます。
良く言えば快適、ストレスフリーな世の中で、便利さと効率性は増しているものの、少し角度を変えて見るとその環境、実は子どもたちの成長する場面を奪っているということもしばしばあります。適度な不便さや不具合は子どもたちの工夫を生み出すことや洞察・観察力や忍耐力が向上することへの不可欠な要素です。OptSchoolではこれを
「健全なストレス」と呼び、選手たちへその環境を提供することで心を鍛えています。

【ソーシャルスタディ】

【ASEトレーニング】
ASEとは、Action Socialization Experienceの略で、野外での実際体験を通して社会性を育成する体験学習プログラムです。
7〜8名のグループを作り、一人では解決できない問題に、仲間と協力し合いながらチャレンジしていきます。
成功することがすべてではなく、チャレンジする過程で、他者理解やコミュニケーション能力、リーダーシップといった社会で必要となる能力を身につけていきます。

【食事トレーニング】

座学にて栄養素の学習、スポーツをする上での大事な食事のとり方を学び、夜の食事時に実践トレーニングを行います。

【家事トレーニング】

部屋の掃除、ウェアの洗濯、日頃あまり自ら行う機会が少ない家事を体験することで、日常の有り難みに気づかせます。

【休息トレーニング】

プレーヤーの資本である身体を作るためには食事だけでなく、休息も非常に重要です。
昼休み(昼寝)、夜の睡眠時間の確保、プログラム満載のCamp中でも必ず休息の時間を確保し、「休むこと」のトレーニングも実施します。