クリニック

【サッカートレーニング】

サッカーの攻撃、守備における原理と原則についてピッチ上でトレーニングを通して学びます。
また原理原則を理解した上で、プレーの優先順位を考えて自分が持っている引き出しを開けられるように(プレーできるように)チャレンジし、同時に成功体験を掴むことで引き出しの数を増やします。

【コミュニケーショントレーニング】

トレーニング開始時と終了時にスピーチタイムを設け、人前で自分の考えを自分の言葉で伝える訓練の場を提供します。また他者のプレーを見る、意見を聞くことが問われるアプローチを行い、集中が切れることなく時間を過ごします。

【ハイブリッドトレセン】

あくまでも選手のHomeは所属クラブ、そこでの積み上げや新しい壁との出会いをInputしたりOutputする緊張とリラックスが同居している空間があることが理想的です(一番はストリートサッカーであることは間違いありません)。

その空間として月1回のトレーニング環境を提供していきます。

サッカースクールですと、回数が多過ぎて緊張とリラックスのバランスが悪くなります。
トレセンは月1回前後の活動ですが、選ばれないと参加できませんし、地域によっては試合ばかり行なっている選抜チーム的な活動をしているところもあるとかないとか。
(あくまでも、双方での指導を経験してきた私の個人的な見解ですが)

だからこそ、月1回どんなレベルの選手でも自由に参加ができる空間を設けました。
それを今風に「ハイブリットトレセン」と思いつきで名付けました。

・誰でも参加できる空間
・緊張感を維持するトレーニングオーガナイズ
・リラックス感を持てるストリートサッカーオーガナイズ

これこそが選手にとって必要な環境の一つであると信じて始めました。
月1回、緊張とリラックスが同居する空間で刺激を受け、新しい自分を発見したり、殻を破ったり、課題と向き合って改善したりすることでHomeである所属クラブでのパフォーマンスの向上に繋げて欲しいと考えています。